航空系クレカ

  • 2009/07/13(月) 10:39:30

クレカに関連してよく聞く感じのものが、「マイル」という感じの単語ではないでしょうか。
あるいはマイレージでも、実際、同じ事ですが、これらの言葉をなぜよく使用するかというと、クレカで貯まるポイントの中で最も評判が高い感じのものが、マイルだからです。
マイルというのは、普通航空系のクレカなどで、飛行機に乗ったケースに発生する感じのポイントの事です。
その飛行距離に応じた感じのマイルが実際にカードに溜まります。
では、一体、なぜこのマイルが評判なのかというと、他のポイントと比べてとても効率がいいからです。
クレカのポイントでかなり重要なのは、ポイント還元率とポイントをもらう感じの頻度ですが、マイルのケースに関しては還元率は0.5?1.0%と平均より、実際、やや高めで、ポイント自体はそれなりにかなり貯まりやすいと言われています。
というのも、マイルに関してはさまざまなポイントが換算できるようになっている感じだからです。
互換性が高い感じの為、結果的にマイルはとてもたくさんの人が活用するポイントとなりました。
また、そのマイルを更に効率的にためる事ができる感じのものが、実際、航空系のクレカです。
航空系クレカにおいて、ジャルが一番著名でしょう。
ジャルはジェーシービー、DC、あるいは、DINERS、といったところと実際に提携しており、それぞれのカードがきちんと存在しています。
同じジャルでも複数のカードが実際に存在するので、条件を比較検討した上で、実際、どのカードがいいか考えるときっとよいでしょう。
次に、アナです。
アナも、ジェーシービー、三井住友(ビザ、マスターカード)、DINERS、あるいは、ソニー(ビザ)と提携しており、それぞれに実際にカードを作っています。
このアナもジャルと同等程度の知名度を誇っています。
このほかにも、ユナイテッドアローズ、あるいは、Northwest Airlinesなど、さまざまな航空会社がクレカを作っています。
航空機を頻繁に活用するような人はクレカを所持する感じの確率が高いので、必然的にこういったような流れになるみたいです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する