四十代の転身の狙い目

  • 2009/06/18(木) 00:05:57

転身を考えるのならば、それまでの仕事場で体験してきたようなことを活かせるところが自分にとっても、募集する会社側にしても良いようなことでしょう。
どんな仕事場にいて、どんな業務を行ってきたかという感じのことが大切になります。
外資系の会社ならば、年齢よりもその人の技能を評価する感じの傾向にあります。
四十代というようなことで転身の道がきびしいと感じているのならば、外資系を考える感じのことも良いでしょう。
日本の会社というのは、現在でも、実際、年功序列の傾向がありますし、若い時から人をきちんと育てるという考え方が一般的です。
ですから、四十代での入社というようなものを敬遠する方向にあるんです。
これから育てるに関しては年齢的に上になりすぎているというようなことです。
それに対して外資系会社というのは、年齢のようなことをさほど考慮しません。
ですから、四十代で転身を考えているような人にとっては好材料といえるでしょう。
勿論、外資系の技能重視というようなことは、それなりの技能があるというようなことを前提としているんですから、技能の評価自体はきびしいといえると思います。
会社に入社してから、業務に慣れてもらうといった感じの感覚ではなく、即戦力としてかなり役立ってもらわなくてはならないと考えられているんです。
自分の技能に関していくらか自信のあるような人ならば、外資系の会社への転身を考えるべきでしょう。
そのような会社の期待に応える感じのことができるのならば、収入アップという感じのことも期待できないわけでは、実際、ありません。
自分に自信を持って転身を達成させましょう。